声って意外と重要だと思う

投稿日:2016年4月25日

ア○ルプレイは可能ですか? と質問し続け、ようやくとあるデリヘル店へ辿り着いた。そこはア○ルプレイは基本料金に含まれているという夢のようなデリヘルだった。そこでカナエちゃんを指名した。写真では可愛かったが、実際はどんなものなのだろうかそんな期待と不安が胸中を巡っていた。で、実際に対面したカナエちゃんは酒やけの声をしたどこかやつれた感じを除けば写真通りの女の子だった。惜しい……、昨日飲み過ぎていなければ写真通りだったのに。しかし酒やけの声かと思ったが、そのダミ声は彼女の地声だというのだからもう何も言うことはなかった。とりあえず通常の料金の中にア○ルプレイがあるという事だったので、彼女にそのプレイをお願いした。要求したのはア○ルをペロペロしながらのハンドサービス。彼女は物凄く嫌そうな顔をしながらも気持ち良くさせてくれた。テクニック自体に問題は無かったが、ホームページで嬢の声が聞けても良いと思う。

胸が大きな可愛い子だった

サイズを間違えた小さなベッドの縁に座り、彼女との他愛の無い話をした。最初は緊張した面持ちだったが、話していくうちに彼女の顔から緊張が解けていくのが分かった。そして話を止めてお互いに服を脱ぎ合う。目の前出てきた彼女の身体にビックリ。彼女は着痩せするタイプなのだろう、目の前には想像以上の見事な身体があった。細身の身体の胸元についた豊満なバスト、スラッとした魅力的なプロポーション。そんな彼女と一緒にシャワータイム。ベッドへ移動して彼女の身体を抱き寄せてディープキス、どこか慣れていない感じがした。そのままベッドへ倒れて、胸をむぎゅっと鷲掴み。大きいだけあって揉み応え十分。彼女は息を途切らせ、か細い喘ぎ声が漏れていた。更に乳首を口に含みながら、乳首を舌先でペロっとひと舐め。胸を揉みながらの小さな乳首を舌で責める、彼女の喘ぎ声の具合から胸が弱いようだ。綺麗な胸に、弱点は胸、そして可愛らしいこの容姿、もはや偶然に偶然が乗った良い出会いだった。巨乳で可愛くて胸が弱い子ってデリヘルではそう出会えない。