風水と「気」の関係!以外に知らない「配置」と気の流れの関係性とは!?

・風水における「気」とは
風水の考え方を理解するには重要なポイントがあります。それは、この世の中にある全てには「気の流れ」が存在しているということ。
時間の流れ、時代の流れ、流行の流れ、こういったように自ずと生活の中で「流れ」を感じています。
風水はこの「流れ」を活用して、取り入れていく考えのことです。

運気があがる、幸せになる、お金持ちになりたい、こういったことは全て一定の流れの中で進んでいきます。もしも自分の可能性を高めたり、目標に向かうときは「気の流れ」を取り入れることが重要です。

風水における気の流れは「龍脈」「龍穴」と呼ばれています。気の発生については様々な考えがありますが、一番は最も高い山頂から尾根の方向へと流れていくという考えです。
その「山」の形にそって気が流れていく姿が「龍」のような姿に見えるので、気の流れを龍脈とし、気が集まるポイントのことを龍穴と呼ぶようになっています。

・気の側面についての特徴
気の陰と陽の二側面があるとされています。
これは陰と陽がバランスをとって、物事が成り立つということです。
難しく感じる人へ例えを出しておきましょう。「生きると死ぬ」「朝と夜」というように、反対意義という形で考えてください。
この双方のバランスが取れて初めて物事が成り立つという考えだということです。

こういったようにう「気」にもバランスがあり、そのバランスが成り立つことで物事が「流れ」ています。もしも自分の心身の状態が悪かったり、良い事がないと感じるのは気の流れがどこかで崩れているということです。
そういった方は風水における考え方を応用し、気の流れを改善さることでバランスがとれてよい「流れ」に進んでいくことが出来ます。

風水は、気の流れと気の性質について理解しておくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>